アクアワールド大洗

一番最近行った時期 2006.9.17  料金(大人) ¥1,800 (年間パスポート ¥4,000あり)

aquamarine




台風の中、茨城県の大洗に行ってきました。
那珂川の河口と、大洗の海岸が接するところに立地していて、
大シケの砂浜では、大勢のサーファーがプカプカ浮いていました。

この水族館は、建物の外壁にも絵があるように、サメに力を入れています。
サメの卵やちびっこもいて、きっとサメ好きにはたまりません。
し、しかし なつはサメには全く興味がない!


あんこう
さあやはり茨城といえばこれ!アンコウです!(^▽^)

つぶらな瞳が可愛いです。でも頭ほとんど口なんだよね。(^。^;)










な、なんて眠そうなのでしょう!
このこは「サケビクニン」。
クサウオ科コンニャクウオ属です。

深海魚なので、目はあまり見えない
ようなのですが、
あまりに寝ぼけマナコが
可愛かったので!^^



マンボウ
マンボウさんです。
水槽のガラスにぶつけてケガしないように、内側にビニールシートがあります。
ポカーンと浮かんでいるように見えますが、いきなり早く泳いだりします。
すると、まんまとビニールシートに頭突っ込みます。
これなかったら、きっとキズだらけ。
思いついた人すごいかも


ルックダウン
うー可愛い!
このこは「ルックダウン」といいます。なつの大好きな魚です。
アジ科ヒラマナアジ属で、シロガネアジともいうそうです。

横から見るとオツです。ホントにぺらぺらなんだから!




クチバシカジカ
左のこは、シャケの稚魚だそうです。

シャケっていうと、アゴがすんごいイメージですが、
ちびの頃は、端正ながらも可愛い顔しています。
ボラっぽいね(笑)






サザングローブ

そしてお約束のハリセン!
ポポポポ
このこはサザングローブフィッシュです。









ナメダンゴ
右のこはギジベラです。 実は今回の水族館では、カメラのフラッシュをたかずに、
「素早く泳ぎ回るベラを撮影したい」というのがテーマでした。
深海魚などの暗い水槽では少々てこづりましたが、
フツーの熱帯魚水槽では、なかなかキレイに撮影できました。


今回、「水族館で魚の写真を、フラッシュなしで撮影する」ために、色々な方に相談に乗っていただきました。 そのためのコツとして、
・明るさが足りずに魚がブレてしまうときは、高感度撮影をする。(ISO200とかを、ISO1600等に設定)
・なるたけ明るいレンズを使う。(F2.8より明るいもの、このF値が小さいほど明るいレンズ)
・手ブレしないよう、三脚もしくは一脚を出来れば使用する。
・シャッタースピードも速くしてみる。 などというアドバイスを受けました。
ちなみに今回の撮影では、ISO1600で、レンズは50mm/F1.8という1万円未満のレンズを使用しています。
ペンギンなど屋外に移動したときは、ISO値は200とかにします。(画質がきれいになるため)