葛西臨海水族園

一番最近行った時期 2005.8.14  料金(大人) ¥700 (年間パスポート ¥2,800あり)

kasai




この「葛西臨海水族園」は、上野動物園開園100周年記念事業として、 21世紀に向けた質の高い水族館を目指し、平成元年に開園しました。
なんと約80haという広大な公園の一角に、とても目を引く独特なドーム。 上のエントランスドームは、水族館の3階部分にあたります。

ここは都内在住・在学の中学生までの子供が無料と言うこともあり、子供率がとても高い!(生徒手帳持参)

まぁ子供はひとつの水槽の前にじーーーっとはいられないだろうから、回転が早いと言えば早いのかもしれないが・・・(なつのようにハリセン水槽に延々とかじりついたりはしなそうだ)

maguro この水族館の一番の目玉は、右のクロマグロ水槽。
水槽の形は、ドーナツ状になっているのですが、マグロはなぜか、途中でひきかえしちゃったりしてグルグル回っては泳ぎません。

それにしてもすっごいスピード。 じっと見つめていると、目が回ります。



southern
ハリセンマニアのなつ、 今日の一番の目的は、実はこの「サザングローブフィッシュ」!!正直、時間の大半をこの水槽の前で過ごしました。

大混雑の中、水槽の前に座り込み、ずーっと見とれていました。

このこはオーストラリアに住むハリセンボンです。 日本のハリセンボンよりも、体はちょっと丸っこい印象です。 黄色いハリが可愛いね。


box

 

この赤いハコフグも、今日とても見たい魚だったのですが、 どうやら内気なようで、岩陰からほとんど出てきませんでした。(泣)

ホワイトバードボックスフィッシュ。 間違いなく、いたことはいました。。ちっ。





kau


このカラフルな変わった魚も、フグの仲間です。

「オルネートカウフィッシュ」という、ハコフグのオスです。
このこは水槽のガラス面を、ちょちょちょちょちょ~と往復していたので、みんな携帯で写真とりまくりでした。
でも携帯のカメラできれいに撮れるほど、魚の撮影は甘くないのだ。


pes
葛西臨海水族園の大きな特色のひとつとして、 世界中7つの海の水槽が、ものすごく充実しているということがあります。
右の魚は、「ペス チャンチョ」というアルゼンチンの魚です。 なんとハオコゼの仲間だそうです。
名前もアルゼンチンっぽいよね!(^▽^)
ウロコがなく、ボロボロと脱皮をするそうです。
アルゼンチン、水温17度だって。暑い国だと勝手に想像していたのだけど、夫は「南極に近いもんね~」と。 (  ゚ ▽ ゚ ;)えっ、そ、そうなんだ!?

karibu カリブ海水槽。
すごく大きな、クイーンやフレンチ、グレイエンゼルフィッシュがたくさん。
巨大なフレンチエンゼルフィッシュ、黒くてめっちゃカッコいい!!

この水族館では、とにかく世界中の魚を色々と見ることが出来ます。
初めて見るレアな魚も多く、かなり楽しめます。
お子さんが無料というのも大きいポイントですね!